Loading…

唐桑半島

Posted by TommyCHO on 04.2016 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback
気仙沼唐桑半島でのステージ
極寒を覚悟してきましたが
さすがは地元漁師さん、
晴れ男集うお祭り
晴天に恵まれコートナシで
演奏する事ができました!

終演後に共演者と♪
芸術的なチンドンを
魅せて下さいました。


そして唐桑半島伝統競技に
出て見ないかとお誘い頂き
神戸代表で出場してみたら
… なんと
優勝してしまいました
(;゜0゜)

ココロプロジェクト

Posted by TommyCHO on 29.2016 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback

第16回 3.11 Cocolo Project

今回は12月に宮城県気仙沼で
開催される「おごっそ祭り」に
参ります。
気仙沼唐桑半島と神戸のご縁
五年が経ちましたが
これからも大事に育んで参ります。

今朝の天気予報を見ていたら
日本海側に爆弾低気圧?!
なんと言うことでしょうか…

今日は舞台レッスン指導を終えたら
ココロプロジェクトvol.16
で午後からは宮城県へ走ります
明日朝気仙沼港から大島へ渡り
避難された施設へ参ります。

明日は避難先離党の施設へ
そして日曜日は
震災以降開催出来なかった
港での秋祭りが復活
お祝い演奏に行って参ります。

3.11ココロプロジェクトを立ち上げた
時に沢山の皆さんにご協力、ご声援を
頂きました。
改めてお伝えしたい事、それは
お預かりした皆さまの「ココロ」は
「その時だけ」のもの
とは思っていない
絶対したくないと言うことです。

被災地の皆様の抱える
寂しさ悲しみに加え
一年過ぎたら「誰も来なくなった」
とおっしゃられたいた
その言葉につきると感じます。
私は決意したこと、
その時だけ
みたいのが一番好きくない(>_<)

そんな二次災害?
にしては本末転倒(-_-)

本当に吹けば飛ぶような微力な活動ですが
これからもご縁を大事に続けて参ります。

Tommy cocolo project 2016

Posted by TommyCHO on 14.2016 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback

2016 Cocolo プロジェクト


神戸から北陸自動車道へ抜け
新潟ルートから福島
仙台、宮城県へと入りました。


前回お話ししました
復興ボランティアコンサートへ
そして神戸の恩人小野寺船長の
お墓参りが叶いました。

五年目にして仮設から高台への
移転がようやく始まりだした所。
被災された殆どの町民は今尚
仮設住宅暮らしが続いています。

震災復興ボランティア
ココロプロジェクトで訪れた
唐桑半島中井公民館で頂いたご縁
宮川さんの送別会にも参加させて
頂きました。

町の復興はまだまだこれから
心の復興はこれからが正念場。
阪神淡路大震災での復興の教訓を
無駄にしないように
これからも神戸と気仙沼のご縁
心通う交流を更に
深めて参りたいと思います。



写真は
上から震災当日の全て流された跡。
唐桑小学校避難所でのコンサート。
ヒマワリのような仁愛あふれる笑顔と行動力で唐桑半島の皆さんに
元気を配り続ける宮川さんご兄弟と
スリーショット。
そして優しい笑顔が忘れられない
小野寺船長の眠る丘の上のお墓。

5年

Posted by TommyCHO on 02.2016 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback


21年前 神戸の街が震災で潰れ
陸路は全滅、支援物資もなかなか
入って来れない状況が長く続き
コンビニの100円のおにぎりと
缶コーヒーのセットが1000円で
売られいた…
正確にはボロ儲けしに他県から
被災地に入ってくる心ない業者に
腹立たしいを通り越して
悲しくなりました。

途方にくれてる中で
陸路が駄目なら海から助けに行こう!
と宮城県気仙沼の漁師さんが漁船団を結集
潰れた神戸港へ船を走らせ
沢山の物資と熱い心を届けて下さった。

あれから何年もの年月を経て
心の傷跡は残りますが、神戸の街は
皆様のおかげでここまで復興を
遂げる事ができました。
そしていつか御恩返しが
したいと思いながらも五年前迄
機会を逃したままお返しが
出来ないでいましたが
3.11大震災のニュースを
目の当たりにし身体が震え
今こそ行かねば、御恩返しせねば‼
と東北へ通うようになりました。


ただ私は行くと心に決めましたが
余震が続き、原発の甚大な事故が
報道される中の
危険が伴う被災直後への復興支援活動
「一緒に来てくれ」
の一言は私からは
決して言うことは出来ませんでした。

いよいよ現地入りの支度が出来
出発が迫ると
PiaNica Soulのメンバーも集まって
くれて車に乗り込んでくれました。

現地入りしてから本当に
想像を絶する光景に閉口しか
ありませんでした。

奇跡が起こりました。
何百とある避難所があるなか
訪れることができたのは十数件。
その中の一つ、
なんの手掛かりも無かった
唐桑半島中井公民館避難所で
なんとあの時漁船団を集め
指揮して下さった恩人の船長さんを発見‼
捜し当てる事が叶いました。
それから神戸と東北唐桑半島の
お付き合いが始まりました。
こんな奇跡的な出会いに
また身体が震えました。

ハーモニカの名手でもあった
小野寺船長。
持参した鍵盤ハーモニカを寄贈すると
「頂いていいのかい?孫と一緒に
吹けるから有難いな~」
と最高の笑顔で応えて下さいました。

昨年、お孫さんと旅行中に
突然倒れられてなんていう事か
そのまま亡くなられてしまった…
と訃報が届き、頭が真っ白になりました。
「今は船が壊れちゃったから美味い魚が
ご馳走できねけど」
と港で釣り上げた魚を沢山出して下さり
学校でのコンサートに呼んで下さったり。

今年で東北の大震災から5年
という節目を迎えますが
心の交流はこれからも末長く続けて
参りたいと思います。
3月9日から東北の皆様との再会、
そして船長の墓前にお参りと近況の
ご報告に行って参ります。
また現地の現状をこちらでお届けさせて
頂ければ思いますm(__)m

出発前の明日はNHK関西の番組
「ぐるっと関西」に再度放送が決まりました。
私が阪神大震災を被災した時
トランペットから鍵盤ハーモニカ奏者に
導かれていった事など取り上げて
下さいました。
お時間ございましたら覗いてやって貰えたら
幸いです。

1.17メモリアル

Posted by TommyCHO on 11.2014 Tommy cocolo project   1 comments   0 trackback
本当に寒い朝です。
震災のあの日の朝もこれくらい
寒かったのを思い出します。
今朝は宝塚駅で阪神大震災
メモリアルイベント
の出演があります。

あの日のことを後世に語り継ぐ
大切さをとても強く感じます。

復興ボランティア活動も
演奏も共通する
大事なことは

何時どんなステージでも
人の心の下を流れる川のような…
という事
なのかなと思います。

今日は当時の事を思い出しながら
大切に演奏させて頂きたいと思います。


1.17阪神淡路大震災
3.11東日本大震災

「喉元過ぎて、尚熱さ忘れず」

で生きたいナとm(_ _)m

  

プロフィール

TommyCHO

Author:TommyCHO
えっ?!
ピアニカプレイヤー?
って何?
4歳よりピアノ12歳よりトランペットを。
大阪音大卒業と同時にジャズオーケストラ
『Human Nature Voices』を結成♪
98年より韓国JAZZ定期公演に
3年に渡り参加させて頂いたり。
ついつい勢い余って韓国人気映画
『Tow Cops』にちょい役
ミュージシャン役で出演してみたり(笑)
でなぜかテリー?と呼ばれたり。

更なる異文化コラボレートを掘り下げに
フランス、アメリカ、中国に放浪の旅へ。
でついたニックネームがトミー。

鍵盤ハーモニカを世界に
お伝えするべく、
やるならやらねば~っ!
と奮闘中。

最新トラックバック

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

Google検索バー

now Loading...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード