FC2ブログ
Loading…

CORE

Posted by TommyCHO on 30.2011 自問自答   4 comments   0 trackback
熱にうなされながら考えてた。








縦軸に掘り下げる研究者達はどうしても
一つの事にだけ集中して閉じこもる期間が必要です。
またそうでないと研究は成就し難いもの。


研究のみならず、
人が何かに行き詰まった時
行き詰まりを感じたとき

即ち縦軸が伸びなくなった時
横軸の広さが縦に対して足りないのだと思います。
本来「縦軸」:「横軸」=10:10

である事が元々の宇宙の理の部分ですが。
たとえば、
現代に於いて我々の暮らす3次元の世界では
こんな高層建築はありません。
必要最低限の横幅、土台で建設をします。

---- 縦に伸び悩む ----
つまり縦軸にたいしての裏付け、支えきるだけの
横幅(土台)が足りないのです。

研究室よりも息抜きをした時にひらめく、等は
まさに「一さじの横幅粒」雑学などが
繋がった瞬間のことでしょう。





---- 横軸の広がり ------
物事や見識が広がるので現在の時代の於かれている
ピンポイントが分かり、選択肢も増える。

一方で
身の回りの情報は増えるが自分に必要な情報なのか
またどう自分に関わっているのかが
精査されていない物事が増える為

検証、裏付けする時間が時代のスピードに比べて
圧倒的に足り無くなる。

故に思考を諦めざるを得なくなる。
過程を経験せず虎の巻の「答え」に頼り
只歩調を合わせる。



「時代の気力」も薄れ行く。

唯一、気力を保つ為には
裏付けは諦め「世間評」を伺い信じて進むか
己だけの「勘」を信じて
「気合い」で邁進する。

それら虚実に載っている「次世代」は先行きに自信が持てない。



縦軸の繋がり
未来の有るべき姿
人間、国、この星、この宇宙を思慮し
智者、先人、あらゆる歴史、起源に敬意を持って心を訪ねる
過去も今も未来も変わらぬ「普遍」が見えてくる。

「普遍」という縦の理と
「繋がり」という横の理がバランスに向かった時に

無くなりはしないけれど、
世界中の虚栄心も嫉妬心も薄れ始めると。


理:
横軸と縦軸 = 順番と序列
礼節を知るとはこの事を知る事

順番抜かしは「猾い」な行為
序列抜かしは「無礼」な行為

現代はどちらも支え難い所迄抜かしている
結果の争い。




古代の建築ピラミッド
限りなく
10:10
「理」従った造りは
この星の激しい歴史の上にあっても
現代にしっかりと残り生き続けている。
そんな奇跡を起こす力を持っている。

目に映り見えているのは
ピラミッドの「形」では無く。
形になる前の
「理」なのです



昨日、「脳を使って、脳を活かす」という、脳科学の準教授のお話を聞きました。印象に残ったのが、「ひらめきと直感」の違いでした。一番大きな違いは、ひらめきは理由付ができるが、直感はできないとのこと。しかし、この「直感」が実は只者ではないらしいです。プロのすごい棋士はまさに直感で次の一手を進めることが多いらしく、これは訓練鍛錬の賜物だそう。裏付のとれる「ひらめき」は評価される昨今ですが、「直感」ももっと重要視されるべきではないかといった内容でした。
2011.02.02 12:17 | URL | 千曲の恵美子 #- [edit]
2011,2,7
Tommy さん
いろいろ、試行錯誤されていますね。
「理」は好きな漢字。
「理論、理屈、原理、道理・・・・。」
物事の本質が、みえているかで、
発想、開発、・・・が閃く。
一瞬の出来事です。
見逃さずに受け留めたい。

4月のLIVE楽しみにしております。
どのような空間を演出されるかが楽しみ。
                  山脇 孝
2011.02.07 17:16 | URL | 山脇 孝 #0FtB7ubA [edit]
直感力!その通りだと思います☆
訓練鍛錬の賜物ですネ~
普段思いついた「感」を自身で裏付けを取る事
私達の音楽の世界ならば思いついたフレーズの練習や音階と音理の解析ですが、
音楽以外でも自分や自分を取り巻く環境にどう関わっているのか、
相手の立場、自分の直感との距離感等、普段からフェアな目線になって判断できるよう
「裏付け」を思考する鍛錬があればこそ将棋の対局で底力が発揮されるのだと同感です♪

「直感」は個人技又は対個人戦の場合には素晴らしい潜在能力で、
ジャズのアドリブを演奏している時はまさにこの直感で演奏しています。e-53

自分以外の他の人が関わる場面、お仕事など、三人称からは言動に責任がありますので
リーダーシップを求められるポジションの場合は特に説明責任と背中合わせで、
なかなか「直感」だけで人様を動かしてしまう、
という訳にいかないものでありますネ~e-258
かくなる上はe-68テレパシーが使える所迄人類が進化するのが待ち遠しい~?!

2011.02.13 13:10 | URL | TommyCHO #- [edit]
山脇さんありがとうございます~
ホントおっしゃる通りですネ
> 物事の本質が、みえているかで、
> 発想、開発、・・・が閃く。

裏から見ても表から見ても通じたもの
それが本来世界に通じる「普遍」だと

自分の出したい音は、
つまりは出す音がどのように人様のお役にたてるのか、
出したい音と出すべき音の限りなく一致した所が
普遍的な音楽に繋がると
私などの拙い考えながらそう思うのですv-39
四月にお会いできるのを楽しみにしております!
2011.02.13 13:19 | URL | TommyCHO #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tommycho.blog85.fc2.com/tb.php/84-44ccc9bd

プロフィール

TommyCHO

Author:TommyCHO
えっ?!
ピアニカプレイヤー?
って何?
4歳よりピアノ12歳よりトランペットを。
大阪音大卒業と同時にジャズオーケストラ
『Human Nature Voices』を結成♪
98年より韓国JAZZ定期公演に
3年に渡り参加させて頂いたり。
ついつい勢い余って韓国人気映画
『Tow Cops』にちょい役
ミュージシャン役で出演してみたり(笑)
でなぜかテリー?と呼ばれたり。

更なる異文化コラボレートを掘り下げに
フランス、アメリカ、中国に放浪の旅へ。
でついたニックネームがトミー。

鍵盤ハーモニカを世界に
お伝えするべく、
やるならやらねば~っ!
と奮闘中。

最新トラックバック

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

Google検索バー

now Loading...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード