FC2ブログ
Loading…

いつ行くの?今でしょう!

Posted by TommyCHO on 28.2013 Tommy cocolo project   2 comments   0 trackback
先日は台湾ツアー用のプログラム
Duo部分のリハーサルでした。
キーボードに新しい音源機材を導入しての音色相性チェック中の図。
duo_2.jpg

そして昨日Officeに行くと台湾ツアーでリリースされる
CDサンプルが届いていました♪
ボーナストラックに台湾の楽曲を2曲吹き込んだアルバム「望郷」
沢山の方々の手元に音楽と共にメッセージが届きますように。
Tommycho_TaiwanCD.jpg

いよいよ明日出発
震災の時に多大なる復興支援下さった台湾の皆様に
日本からの最大の「感謝の言葉」を音楽と共にお伝えしたいと思います!!
それではそれでは
行って参りマ〜ス♪

ピアニカソウル 台湾ツアーへ

Posted by TommyCHO on 19.2013 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback
3月も後半に入り、暖かくなってきました。
と思いきや急に真冬に逆戻ったり(汗)
三寒四温とは言うものの、
今年の寒の戻りのギャップと言ったらちょっと
例年よりキツい感じをうけますが
皆様いかがお過ごしでしょうか

桜開の花宣言もされましたネ。
桜前線のスタートと共にいよいよ
レコーディングそして5月ライブツアーの準備もスタートしました。

5月は台湾ツアー、そして帰国後に地元は神戸ライブ♪

今回の台湾公演は、
世界の中でも突出した義援金支援を下さった台湾に
是非日本からの感謝の気持ちをお伝えしたい!
「Pray for All コンサートツアーin台湾」プロジェクトにて
5月に台北、台中、高雄の予定で公演に行って参ります。


メンバーがパスポート更新に走る中、私はと言えば
「10年パスポートだから〜」と余裕風吹かしていたら、
『光陰矢の如し』はたまた『十年ひとむかし』とは良く言ったもの、
え!?昨年クリスマスに切れてるゼ〜っ!!
と慌てて更新申請に走るというなんとも間抜けな...トホホ。


色々調べものをして情報を集めていてこんな記事もあるくらい。

※政府は米国、英国、フランス、中国、ロシア、韓国の新聞と
国際英字紙ヘラルド・トリビューンの計7紙に感謝状の広告を
掲載しましたが中国本土の3億4000万円(3月末時点)
韓国の16億円、しかし台湾の義援金額は48億5374万台湾ドル
(約141億円)もの巨額の義援金を提供した台湾への
新聞広告は出されなかった。(新聞記事より)


えぇ〜そうだったの!?
なんでどうして〜(泣)
っと、改めて伝えれていない感謝の気持ちを少しでもお届けしたい!!
という思いを精一杯の感謝の気持ちを込めて演奏をして参りたいと思います。

また台湾のみなさんに日本から「感謝メッセージ」を
お預かりして参りたいと思います。
こちらTommy メッセージフォームまでお寄せ頂けましたら
書面に纏めさせて頂き現地に持参しましてお届けして参りたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします!m(__)m m(__)m m(__)m

Cocolo Project Vol.10 東北 寒澤島

Posted by TommyCHO on 23.2012 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback
仙台市塩釜港から船で離島「寒風澤島/さぶさわじま」に渡りました。
383430_356425551116801_787467614_n.jpg

津波で塩を被り瓦礫の下敷きになってしまった田んぼ、
誰もが復興不能といいました。
そんな中立ち上がった宮城県の 岩渕先生率いる「NPO法人田んぼ」さんの
呼びかけのもとに、全国から沢山のボランティアが一枚の田んぼを
復活させようと、あの惨事の直後から果敢に挑んだことから、
震災1年を過ぎた今年のはじめには、あちらこちらで
田んぼの復活ボランティ活動が始まりました。
農家にとって生きるという事と直結している田んぼの復興は
まさに未来に一筋の光、希望の光となります。

避難所で今必要なモノはなんですか?と訪ねて回った時に、
多くの皆さんが「桑が欲しい」「畑に出て仕事をしたい」
とおっしゃっていたことは、生きるとは、について
とっても大切な事を教えられた瞬間で、ボランティアの心得として
決して忘れてはならない重要なメッセージだったと思います。
「全てを用意する」ことは良かれとしたことでも実は
現地に住む人々、故郷の人々にとっては決して本当の助けではなく、
「衰退の助け」にもなってしまうということ。
現場ですべき仕事は山ほどあります。
しかし大切なのは、止まってしまったエンジンを
再び復活させサイクルしていく、それ迄のお手伝いだという事。

お歳を召した米農家のお父さんお母さん達がいつも元気だったのは、
「毎日毎日畑に出ていたから」、ということを教わりました。
「数ヶ月感避難所に閉じ込められて足腰がたたんようになってしもうた」
というお話をお聞きしました。
何もしないで下さいと言われるのが辛いと。

私達ボランティにとっての「自己満足」が過ぎてしまい、
善意の押し売りになってしまう、そんな場面を被災地で何度も
目にして来ました。

震災直後に見た光景を思い出しますと、本当に奇跡の復活だということが
よくわかり、今回の稲刈りが実現したことは、私達のとっても此の上ない喜びです。

5491.jpg5493.jpg
5482.jpg5424.jpg


復活した田んぼは、農法も復活しました。
伝統農法「冬水たんぼ」無農薬農法。
冬にお水張ることで生物多様性を生かした豊な土作り。
重機は一切使わず手植え、手稲刈り、と全てが手作業。

田んぼの下には粘度層があることで水が溜まり、
微生物が発生し生き物の連鎖が活発になる。
そのことが豊かな土へと育って行くのです。
重機を入れれば途端に粘度層が割れ水がぬける。
そのためにどんな大きな瓦礫も、瓦礫撤去は全て手作業でやる。
この瓦礫の量を撤去するために全国からこの田んぼに
1000以上の人達が関わったのです。
そんな奇跡の田んぼを見ていると
「あぁこんなにも美しい田んぼがあったのだろうか」、と思うのと同時に
継続してサイクルさせていかねば意味がない、と
改めてメンバーと決意を共にしました。

550543_292963624142266_962404094_n_convert_20121013121818.jpg
カマで刈った稲は8束ほどに纏めて、ヒモでは無く、稲で結んで行きます。
自然物しか使わない、これが本来の姿で伝統の縛り方なのですね。

縛った稲はこれまた手作業で運び干していきます。
こちらはお昼休憩中♪
307969_360238780735478_1031645747_n_convert_20121027183440.jpg553616_360238740735482_1124319270_n_convert_20121028001243.jpg

稲刈り作業完了!を祝って学生ボランティアの皆と「祝ジャンプ」をしてきました♪
581412_292963824142246_1843304065_n.jpg

2012 東北の秋

Posted by TommyCHO on 04.2012 Tommy cocolo project   0 comments   0 trackback
おはようございます。
今朝は合唱の指導を終えたら
富山に向います。
明日は富山でTommy Pianica Soul の学校公演♪
子供達に合えるが今から楽しみです。

そしてその後一路東北へ向います。
今年の3月に田んぼ復興活動で田植えに訪れた
松島が美しく見える離島「寒澤島」の稲刈りです。
今迄見た中で再生の条件が最も厳しいこの島、
学生のボランティアスタッフ達と泊まり込みで瓦礫の撤去、
水の確保、田植え等の作業に参加させて頂いたのは春前。

ちゃんと育ってくれて稲穂が実っている画像が届き
共に参加してくれたバンドメンバー一同大喜び!
その稲刈りに東北へ行って参ります。
いえ、ボランティアに参加する心得から言うと
東北に帰ります!ですネ。
383430_356425551116801_787467614_n.jpg

寒澤島でとれたお米は寒澤米というブランドで
塩釜港にある酒蔵で昔から美味しいお酒に使われて来ました。
2012年産の寒澤米がお酒の仕込みに使われる日が、
ここ塩釜の酒蔵の復興そして希望の灯りが灯る日となります。
うまいお酒が出来上がったら、皆様にご紹介させて頂きますネ(^^)

それではいつもご支援下さっている皆様の気持ちを携えて
行って来まーす!!

Next

Posted by TommyCHO on 22.2012 Tommy cocolo project   2 comments   0 trackback
元気いっぱいの学生のみんなと
無事に田植えを終えました。

いろんな田んぼがありますが
ここの状況は深刻な状況で
復活できるのだろうか、と気が遠くなって
しまいそうになりますが、
今日出来る作業を黙って一歩一歩進める以外にない、
とボランティアの皆さんと復活の願いを込めて
瓦礫の撤去作業、そして田んぼのガス抜き作業でした。

田植えの作業までこぎ着ける事が出来たことに
感動と共に皆さんに「尊敬!」です。

離島「寒沢島」の田んぼの復活を祈り
島を後にしました。

島民が半数にまで減ってしまったサブサワ島、
この田んぼの復興が島民の皆さんの元気を
すこしでも取り戻すきっかけになればなと、
そう思います。

そして気がつけば、
ジリジリと焼かれた私の二の腕は
やけどのような?見事な日焼けっぷり。。。


島を後にする前に、
学生諸君とともにTommy恒例の終了儀式を伝授してまいりました。

ただ今準備体操中。
cocolo2012_1n.jpg

せ~のっ!!!

cocolo2012_n.jpg

日本全国ジャンプで元気
ジャンプ協会会長の私の大切な仕事(笑)

こんなに美しい島の風景
一日もはやく
「取り戻そう~ゼ!」


そして田植え終了直後から始まった
レコーディング。
梅雨入りと共に怒濤のアレンジ地獄に突入。
恐ろしい楽曲の量にのけぞりながら。。。

寝ずにガンバルゾ。
  

プロフィール

TommyCHO

Author:TommyCHO
えっ?!
ピアニカプレイヤー?
って何?
4歳よりピアノ12歳よりトランペットを。
大阪音大卒業と同時にジャズオーケストラ
『Human Nature Voices』を結成♪
98年より韓国JAZZ定期公演に
3年に渡り参加させて頂いたり。
ついつい勢い余って韓国人気映画
『Tow Cops』にちょい役
ミュージシャン役で出演してみたり(笑)
でなぜかテリー?と呼ばれたり。

更なる異文化コラボレートを掘り下げに
フランス、アメリカ、中国に放浪の旅へ。
でついたニックネームがトミー。

鍵盤ハーモニカを世界に
お伝えするべく、
やるならやらねば~っ!
と奮闘中。

最新トラックバック

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

Google検索バー

now Loading...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード